第6回経営審議会

附属 医学部 病院 横浜 大学 市立 附属 医学部 病院 横浜 大学 市立

国際文化研究科(修士課程・博士後期課程)• 医科学専攻(修士課程・博士課程)• 日本消化器内視鏡学会 専門医• 紹介していただく時の留意事項 放射線治療を依頼される場合は、必ず画像一式と病理報告書のコピーを添付していただきますようお願いいたします。

4

リハビリテーション科

附属 医学部 病院 横浜 大学 市立 附属 医学部 病院 横浜 大学 市立

横浜市立大学附属病院リハビリテーション科は、独立したリハビリテーション診療科としては我が国で最も早く、1968年に開設されました。

横浜市立大学 医学部 消化器内科学教室

附属 医学部 病院 横浜 大学 市立 附属 医学部 病院 横浜 大学 市立

幸い2人の血液型は偶然同じであった。 平成22年 横浜市立大学卒 専門領域、委員など• 生命分子情報医科学専攻(博士課程)• 16:45、前年まで患者Aの主治医だった医師が訪れ、患者の顔をみたところAではなかった上、 隣のベッドの患者の顔がAに似ていることに気が付いた。 日本内科学会 指導医• 泌尿器科• 緩和部• 平成9年 東京大学第3内科助手(矢崎義雄教授)• がん治療認定医• 平成22年 横浜市立大学 専門領域、委員など• 生体超分子システム科学専攻(博士前期課程・博士後期課程)• 使用研究科:大学院生命ナノシステム科学研究科(生命環境システム科学専攻)• 博士 医学 略歴• 病理系専攻• 日本消化管学会胃腸科認定医 今城健人• 日本医師会認定産業医• 内科系専攻• 1993年~• 生体システム医科学専攻(博士課程)• 経営学、経済学、理学、国際文化研究科を統合し、国際総合科学研究科を設置(専攻・課程は以下を参照)• 緩和部 消化管グループ• 報告 (1)オンラインを活用した国際交流の事例について GCIによるオンラインを活用した国際交流の取組事例として、今年の夏に実施した「特講(SUDP)」について、プレゼンテーションが行われた。

6

第6回経営審議会

附属 医学部 病院 横浜 大学 市立 附属 医学部 病院 横浜 大学 市立

循環器内科• と共に首都圏を代表する公立大学である。

8

横浜市立大学附属病院(横浜市金沢区

附属 医学部 病院 横浜 大学 市立 附属 医学部 病院 横浜 大学 市立

学生が作る地域の子ども健康プロジェクト-医学生と看護学生による取り組み-• 准教授 肝疾患センター• 診療の特徴・特色 放射線治療部門は、頭頸部がん、食道がん、子宮がん、前立腺がん、悪性リンパ腫など、様々な悪性腫瘍の放射線治療を各診療科医師との協力のもとに行っています。 当初、2人を載せたス トレッチャーは2人の看護婦によって1台ずつ運ばれたが、エレベーターに載せたところで、忙しいということで、2台 のストレッチャーは1人の看護婦に任された。

13

横浜市立大学医学部・附属2病院等の再整備について 横浜市

附属 医学部 病院 横浜 大学 市立 附属 医学部 病院 横浜 大学 市立

日本内科学会 認定医 高津智弘• 日本内科学会 認定医・総合内科専門医• 博士 医学 専門領域、委員など• 胆膵グループ• このような努力が実を結んで、横浜市では現在、他の自治体の模範となるような、急性期から慢性期まで一貫したリハビリテーションサービスが提供されています。

19