谷川俊太郎さんが「よくできた詩とは思っていない」と言う代表作「生きる」は、なぜ愛され続けるのか?|KOKOCARA(ココカラ)−生協パルシステムの情報メディア

俊太郎 春 に 谷川 俊太郎 春 に 谷川

そのダイナミクスがいいんじゃないか。

谷川俊太郎 「春に」

俊太郎 春 に 谷川 俊太郎 春 に 谷川

age132さんは、もしかして「春に」はちっともおもしろくない、なのになんでよい詩だなんていわれるのだろう、という感想をおもちですか。

谷川俊太郎さんの詩で『春に』は何を伝えようとしているのですか?どんなイメー...

俊太郎 春 に 谷川 俊太郎 春 に 谷川

生きているということ いま生きているということ 泣けるということ 笑えるということ 怒れるということ 自由ということ (「生きる」より(一部抜粋)) いま、まさに「生きている」からこそ、泣いて、笑って、怒ることができる。 ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。

4

谷川俊太郎さんの詩で『春に』は何を伝えようとしているのですか?どんなイメー...

俊太郎 春 に 谷川 俊太郎 春 に 谷川

谷川 書いているときは信じざるを得なくて、でも詩の中ではさんざん言葉を疑い、詩を疑っています。 そうした「ぼ く」の茫漠とした気分・気持ちが、こうした表現になっていることを分から せましょう。 すばらしい詩を読む機会を与えてくださって、ありがとうございました。

8

離婚3度、修羅場が詩に 谷川俊太郎さん「死怖くない」:朝日新聞デジタル

俊太郎 春 に 谷川 俊太郎 春 に 谷川

この詩には、「ミニスカート」とか「ヨハン・シュトラウス」とか具体的な固有名詞がちょこちょこ出てきます。 生命はそうなんです。

谷川俊太郎さんの春にという詩の鑑賞文を書くのですがなかなか難し...

俊太郎 春 に 谷川 俊太郎 春 に 谷川

なんで払うんだろ. この部分の タイミングが揃うように注意して練習を進めましょう。 また 中間部ではダイナミックな転調もあり、詩の瑞々しさがとても良く表現されています。

14

谷川俊太郎の“たったいま”読み返したい詩「ぼくはきっとうそをつくだろう」

俊太郎 春 に 谷川 俊太郎 春 に 谷川

そうではなく、1つ方法としては(あくまで一例)、「そういったことを思い感じている人は、どういう場所にいるどういう人なのか」「そういう考えが渦巻く状況というのはどういう状況なのか」・・といった観点から想像を膨らませてみては。 呼びかけ(要求以外) 先の要求以外で、読者に対して呼びかけているもの。 四つの「この気もちはなんだろう」の繰り返しは、語頭で転調して読み 出していきましょう。

2