ややこしい話「生活保護と介護保険と自立支援法」

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

(残りは利用者の負担。 自立や就労を支援するには、「自立」「就労」についての考え方が明確なものでなければなりません。

16

厚生労働省:障害者自立支援法

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

(指定障害者支援施設等の基準) 第四十四条 指定障害者支援施設等の設置者は、厚生労働省令で定める基準に従い、施設障害福祉サービスに従事する従業者を有しなければならない。 参考: サービス利用の手続きについて サービス利用の流れ 1、受付・申請 サービスの利用を希望する方は市町村の窓口に申請し、介護給付を受ける方は 障害支援区分の認定を受けます。

「応能負担」から「応益負担」へ(障害者自立支援法の基礎知識)

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

3 この法律において「保護者」とは、児童福祉法第六条に規定する保護者をいう。

5

「障害者自立支援制度の仕組み」について解説します|介護のいろは

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

16 この法律において「共同生活援助」とは、地域において共同生活を営むのに支障のない障害者につき、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において相談その他の日常生活上の援助を行うことをいう。 3 都道府県知事は、指定相談支援事業者が、当該指定に係る相談支援事業所の従業者の知識若しくは技能若しくは人員について第四十五条第一項の厚生労働省令で定める基準に適合しておらず、又は同条第二項の厚生労働省令で定める指定相談支援の事業の運営に関する基準に従って適正な指定相談支援の事業の運営をしていないと認めるときは、当該指定相談支援事業者に対し、期限を定めて、同条第一項の厚生労働省令で定める基準を遵守し、又は同条第二項の厚生労働省令で定める指定相談支援の事業の運営に関する基準を遵守すべきことを勧告することができる。

障害者総合支援法が提供する支援サービスを解説!自立支援給付と地域生活支援事業の内容を紹介します!【LITALICO発達ナビ】

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

提供されるサービスを行政ではなく、利用者が決めるのです。 その一方で、やる気と誇りをもって、その職に就いて続けられるような条件を整えにくい現状があります。

10

障害者総合支援法について学習してみよう(法律の制定までの経緯)

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

障害支援区分とは? 障害支援区分とは、障害の状態に応じて必要とされる支援の度合いを表す 6段階の区分です。

8

ややこしい話「生活保護と介護保険と自立支援法」

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

2 従来の「障害程度区分」を改め、障害の程度の判断に心身の状態を配慮することができる「障害支援区分」を創設した。 介護保険 訪問介護 居宅において介護福祉士その他政令で定める者により行われる入浴、排せつ、食事等の介護その他の日常生活上の世話であって、厚生労働省令で定めるもの 自立支援法 居宅介護 居宅において入浴、排せつ又は食事の介護その他の厚生労働省令で定める便宜を供与すること 介護保険の訪問介護でも自立支援法の居宅介護でもヘルパーさんが自宅を訪れて食事を作ることができますが、両方の制度の対象となる方(介護保険で2号被保険者の特定疾病の対象になり要介護認定が出ていて、障害のため自立支援法で障害程度区分も出ている様な方)は原則として介護保険での給付が優先となります。

14

「応能負担」から「応益負担」へ(障害者自立支援法の基礎知識)

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

障害者の福祉サービスを保険として考えること自体間違いでなのです。 (報告等) 第四十八条 都道府県知事又は市町村長は、必要があると認めるときは、指定障害福祉サービス事業者若しくは指定障害福祉サービス事業者であった者若しくは当該指定に係るサービス事業所の従業者であった者(以下この項において「指定障害福祉サービス事業者であった者等」という。 具体的には障害に関する医療や福祉サービス、福祉用具(補装具)などの費用が給付されます。

13

障害者自立支援法

と は 支援 障害 者 法 自立 と は 支援 障害 者 法 自立

障害福祉サービス費等負担対象額、自立支援医療費等および補装具費の50%を負担します。

18