アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 生き生きとしたGT

マーチン db11 アストン マーチン db11 アストン

乗り心地: 無• 2リッターV12ツインターボエンジンもトルクは同じ700Nmながら、パワーは608psから639psに強化されているとはいえ、それでも注目すべきはシャシー性能の改善である。 というか、自分がクルマに馴染んできた!? 気分だけでも007。

18

アストンマーチン DB11|価格・新型情報・グレード諸元

マーチン db11 アストン マーチン db11 アストン

同じことはハンドリングにも言えて、このクルマはステアリングホイールを丁寧に操作したくなる。 もちろん、そんな状況にあったとしても、それを引き出すスキルもないわけですが、このシロウトスタッフがまがりなりにもいきなりシートに座って、動かして、どっと疲れが出ることもなく、程よいスポーティさを感じつつ、心地よいと感じられたということは、それなりのスキルのある方や、既存のアストンオーナーの方が乗れば、そのバランスの良さは、尚一層敏感に感じ取れるのではないでしょうか。

11

アストンマーティンDB11

マーチン db11 アストン マーチン db11 アストン

内に秘めた野性味 ドライブモードをGTからスポーツにすると、液晶内のコンピューターグラフィックスであるところの眼前のタコメーターが瞬時に右に傾き、高回転での使用に備える。

15

DB11(アストンマーティン)の中古車

マーチン db11 アストン マーチン db11 アストン

品がいい。

1

アストンマーティン DB11

マーチン db11 アストン マーチン db11 アストン

隙が無いほど細部までデザインされている。 アストンマーティンの伝統であるロングノーズ・ショートキャビンを受け継ぎつつも、大型グリルやクラムシェル型ボンネットといった新たなアイデンティティを取り入れた。 特に、サイドミラー越しに見えるリアフェンダーの膨らみは絵も言えぬほどセクシー。

2

DB11 AMR

マーチン db11 アストン マーチン db11 アストン

2

アストンマーチン DB11|価格・新型情報・グレード諸元

マーチン db11 アストン マーチン db11 アストン

(内装にちょいちょいメルセデスベンツの パーツの使い回しがあるのはご愛敬) ・随所に人の手仕事の温もりが感じられる ドイツ勢のように理詰めで設計するのではなく、エルゴノミクスや 空力設計を重視するよりも、イギリス流の車作りの文法(文化)を 大切にして作られているからこそのような気がします。 。 後はスポーツカーという印象しかありませんでした。

2