図書カード:女生徒

治 生徒 太宰 女 治 生徒 太宰 女

きっと、いまの戦争が終ったころ、こんな、夢を持ったような古風のアンブレラが流行するだろう。

13

【太宰治】『女生徒』のあらすじと内容解説・感想|名言付き|純文学のすゝめ

治 生徒 太宰 女 治 生徒 太宰 女

小学校へ入学した太宰は入学早々から秀才ぶりを発揮することとなります。 なぜ私たちは、自分だけで満足し、自分だけを一生愛して行けないのだろう。 そして太宰の最後は愛人との心中。

16

太宰治 女生徒

治 生徒 太宰 女 治 生徒 太宰 女

あの、つづきを考えようと、あせったけれど、何も思うことがない。 本能が、私のいままでの感情、理性を喰ってゆくのを見るのは、情ない。 泣いてみたくなった。

太宰治『女生徒』あらすじ解説&感想!文体と物語の構造が面白い!

治 生徒 太宰 女 治 生徒 太宰 女

暗い性質なのに、無理に明るく見せようとしているところも見える。 いつもそうだが、私はお料理して、あれこれ味をみているうちに、なんだかひどい虚無にやられる。

5

女生徒

治 生徒 太宰 女 治 生徒 太宰 女

馬鹿あつかいしている。

女生徒

治 生徒 太宰 女 治 生徒 太宰 女

仕方なく、アンブレラとお道具を、網棚に乗せ、私は吊り革にぶらさがって、いつもの通り、雑誌を読もうと、パラパラ片手でペエジを繰っているうちに、ひょんな事を思った。 この作品の何が素晴らしいかって、生、そして死に至るまで幅広い観念というかとんでもなくとりとめもない膨大な空想、夢想がたった一日の中に広がっているということであり、そういう形で本作を描き上げた太宰治の手腕というのは本当に素晴らしいものだと思います。 『女生徒』の解説 個性と没個性 太宰は、自分を大きく見せることとか、ニセモノとかインチキとかをとにかく嫌う人です。

9