「今を生きる」に気づける場所。「TSURUMIこどもホスピス」ゼネラルマネージャー・水谷綾さんが、病気に命を脅かされた子どもの「生きる」に寄り添い続ける理由。

ホスピス こども ホスピス こども

1980年代。 そんな未来はきっと子どもが育ちやすい未来だと思いませんか。 小児がんのお子さまが治療の合間や早い段階からこどもホスピスを体験できるプランとしてもご利用いただけます。

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト

ホスピス こども ホスピス こども

応援する企業や、自ら行動を起こすIT企業家もその背景には存在します。 本書は、命の尊さを学ぶことができる秀逸な一冊です。

11

こどもホスピス・小児緩和ケア人材育成プログラムin名古屋 11月29日開催

ホスピス こども ホスピス こども

関連リンク• 病院や自宅ではできないことをめいっぱい楽しんでいます。 子どもによってはその短い関わりのなかで信頼関係を築くにはどうすればいいのでしょうか。

こどもホスピス・小児緩和ケア人材育成プログラムin名古屋 11月29日開催

ホスピス こども ホスピス こども

人間には回復する力がある、ということに気づいたのは被災地での経験でした。 子どもから突然「ママ、死ぬってどういうこと?」と聞かれたら 突然ですが、お子さんからの質問にどのくらい真剣に答えていますか? 「ママ、あれなあに?」「チョウチョは、どうして飛べるの?」 忙しい日常のなかで、好奇心旺盛な子どもたちから投げかけられる、さまざまな疑問。

20

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト

ホスピス こども ホスピス こども

その子自身も疲れるほど動ける自分の手足の力に驚いたかも知れません。 なぜ日本にこのホスピスがなければならないのか。 その少し前、ホスピスの設立に尽力した医師の原純一から、難病の子供たちは病室で医者の言いなりになって恨むような目をして死んでいったこと、「生き延び」たとしても健康な子供の十倍近い自殺率があることなどを聞いていました。

福岡子どもホスピスプロジェクト

ホスピス こども ホスピス こども

生きることをあきらめるのではなく、楽しい時間を子どもと家族と寄り添いながら創り出していく場所です。 【著者紹介】 石井光太(いしい・こうた) 1977(昭和52)年、東京生れ。 病院生活を余儀なくされる子どもに対する遊びや学びを届ける活動、退院後の子どもと家族の在宅生活を支える活動、病状が厳しい状態の子どもの夢を叶える活動等を支援するとともに、支援団体の実務者ネットワーク構築を構築。

15