蒼いフォトグラフ

グラフ フォト 聖子 松田 蒼い グラフ フォト 聖子 松田 蒼い

1983年12月度月間1位(オリコン)•。 、(アルバム『ROMANTIQUE』)• その影響のためか、本作も当初は「瞳はダイアモンド」の単独A面だったが、再プレス以降は両A面としてジャケットの文字部分が変更されたセカンドスリーブ仕様で発売された(両曲のフォントが同じ大きさになった)。

20

瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ

グラフ フォト 聖子 松田 蒼い グラフ フォト 聖子 松田 蒼い

ギターリード• 1997• アンサンブル• すべて• この後に発売されたオリジナルアルバム『』には、両曲とも英語でのタイトルで収められた(アルバム全曲を英語タイトルで揃えるため)。 瞳はダイアモンド(4:16) (作詞:松本隆/作曲:(松任谷由実)/編曲:) 聖子の楽曲では初めての本格的な失恋ソングである。

瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ

グラフ フォト 聖子 松田 蒼い グラフ フォト 聖子 松田 蒼い

1983年度年間41位(ザ・ベストテン)• 1977• 1984年度年間28位(オリコン)• どんなに、持ってることで傷心がフラッシュバックしようとも、 やっぱり持っていたいのです。 2010• 教則・音楽理論• 1975• アンサンブル• 1968• 1980• 品番:07SH 1421(レコード)• 1991• 破いて捨ててしまいたいけど、捨てられないものがそこには刻まれている。 1974• 2020• 松本隆はたびたび、青春時代に別れた恋人同士が、 数年後に再会することを前提に歌詞を作る。

18

松田聖子(または作詞家松本隆)に詳しい方教えてください。

グラフ フォト 聖子 松田 蒼い グラフ フォト 聖子 松田 蒼い

2020• とりあえず、大学のサークル仲間とかで写した 大事な写真があって、そこには好きだった、 もしくは付き合ってた彼氏も写っている。 「港の引き込み線」とは、この歌詞の舞台が、 海辺の近くだからでしょう。 たぶん、彼にもそんな相手がいるんじゃないですか。

15

瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ

グラフ フォト 聖子 松田 蒼い グラフ フォト 聖子 松田 蒼い

1983年12月度月間1位(オリコン)• 2001• すべて• 1971• 2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再びリリースされている。 Photograph of Yesterdays• 、(トリビュートカバーアルバム『』の完全限定生産盤スペシャルディスク(『風街でよむ』)に歌詞朗読が収録 ) 関連作品 [編集 ]• 「 瞳はダイアモンド/蒼いフォトグラフ」 の 初出アルバム『』 瞳はダイアモンド 蒼いフォトグラフ リリース (8cmCD含む) (12cmCDのみ) 作詞: 作曲: チャート最高順位• 2020. 弾き語り• 1998• 1984• すべて• とりあえず、松本隆は、 青春=甘い恋愛=海辺でデート=失恋=のちに思い出にふける、 というのが比較的お約束の人なので、 この歌詞も、海のある港近辺で、港の近くに 引き込み線の線路があったのだと思います。 デュオ• 弾き語り• 1983年度年間41位(ザ・ベストテン)• 2000• 2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再びリリースされている。

18

蒼いフォトグラフ

グラフ フォト 聖子 松田 蒼い グラフ フォト 聖子 松田 蒼い

ドラマは違ったと思いますが。

「蒼いフォトグラフ / 松田 聖子」の楽譜一覧

グラフ フォト 聖子 松田 蒼い グラフ フォト 聖子 松田 蒼い

これは「青が散る」という大学生たちの青春ドラマの 主題歌だったので、 内容も、少し「大学生の恋愛」を意識していると思います。

松田聖子 蒼いフォトグラフ 歌詞&動画視聴

グラフ フォト 聖子 松田 蒼い グラフ フォト 聖子 松田 蒼い

なぜなら、いつか大人になった時、 懐かしく笑ってその写真を眺められる日がくるから、 というのが松本隆の世界観。 で、大人になって、写真はセピアカラーに褪せてしまっても、 あの輝いてた青春の日々を忘れずに、 できれば、ポリシーや性格なんかも変わらないでいてほしい、 みたいな、松本隆の大好きな、無茶な願望の歌です。 1984年度年間28位(オリコン)• その他. 品番:07SH 1421(レコード)• 1990• 、(アルバム『ROMANTIQUE』)• 「一度破いてテープで貼った」 これは、あのころの甘く酸っぱい思い出の写真を 恋に破れたり、友情を失ったり、 何かしら「青春が終わったな」と傷ついたときに 瞬発的に破いてしまったけど、やっぱり残しておこう・・・という 微妙な若者の心理状況です。

18