「ご了承ください」の意味は?目上の人にもOK?使い方を徹底解説

下さい 意味 了承 ご 下さい 意味 了承 ご

丁寧語:目上の人に対して丁寧な言葉で話す「です・ます」調とも言われます。 承知しました。 有給休暇を取るとき 例えば、会社で有給休暇を取りたいと感じているとします。

「ご了承ください」とは?正しい意味と使い方

下さい 意味 了承 ご 下さい 意味 了承 ご

「いただけますか」だと、ニュアンス上断られてしまう場合があるので「承諾してもらわなければならない」というような場面では「願います」を使用するほうが無難です。 了解・了承・承知・承諾は、相手の言うことや事情を理解して、受け入れたり、許したりすることをいうが、ニュアンスが異なる。

16

「ご了承ください」とは?正しい意味と使い方

下さい 意味 了承 ご 下さい 意味 了承 ご

聞き入れるは、発言を聞き、そのようにする意味。 そのため、上司や先輩などに対して使用しても失礼ではありませんが、やはり「わかりました」だと少々馴れ馴れしい印象を与えてしまいます。

7

了解・承知・了承の違いと使い方!メールの書き方で迷わない

下さい 意味 了承 ご 下さい 意味 了承 ご

目上の人に対して使う場合には、より丁寧な言い換え表現を利用して伝えるのがおすすめです。 そういったことから使い方を誤ると、相手をより不快な気持ちにさせてしまったり、怒らせてしまったりする恐れもあります。

7

「ください」と「下さい」の正しい使い分け方と違い

下さい 意味 了承 ご 下さい 意味 了承 ご

「ご了承いただけますでしょうか」は丁寧語「ます」と「です」と、二重敬語になっているため正しくない表現とされます。 他にも「土・日・祝日の発送はしておりませんので、予めご了承ください」などというように使いますよ。

11

「ください」と「下さい」の正しい使い分け方と違い

下さい 意味 了承 ご 下さい 意味 了承 ご

「ご了承いただきありがとうございます」は目上の相手や顧客から承諾を得た際によく使用されます。

18