一貫道

菩薩 行基 菩薩 行基

吳坂院(大阪府大阪市住吉區長狹町)• 感謝師恩!弟子恭送師駕! 菩薩:無須多禮,今夜就此停筆。 為現證其等之加行,即安名為「圓滿加行」,如,資糧道和加行道菩薩心續中通達四諦十六行相無常等、粗分無我之加行,即是修基智。

瑜伽師地論

菩薩 行基 菩薩 行基

「不倒亂」 : 不顛倒世間常樂我淨,站穩腳跟。

19

彌勒淨土遊記

菩薩 行基 菩薩 行基

枚方院(大阪府伊加賀)• 710年(和銅3年)3月10日都が藤原京から平城京へ遷都され、行基43歳は、、等の南都の諸大寺の移建に貢献したが、711年(和銅4年)9月4日諸国の役民が造都に労し奔亡(ほんぼう)多く、詔(みことのり)が出されて、兵庫に軍営が建てられ、712年(和銅5年)正月16日諸国の役民で帰郷の時に飢える者が多く、国司らが賑恤(しんじゅつ)し、10月29日帰郷の役夫と運脚夫の困難を救う為、郡稻を便地に貯えて交易せられたが、見るに見かねた行基45歳は、貧困に苦しむ民衆に飯を与えて泊める為の施設、「布施屋」を摂津に3つ、和泉、河内、山城にそれぞれ2つ建て、また、生駒山の東側(生駒谷)に僧庵「(かやのせんぼう)」を営み、そこで布教活動をしましたが、寺院外でも布教の禁止を破って行ったため、 717年(養老元年)4月23日行基の民間伝道が僧尼令違反として弾圧されたが、それでも、女帝で第44代元正天皇の御代、721年(養老5年)行基54歳は、平城京右京三条三坊に寺史乙丸より宅を寄進され、そこの地名を取って菅原寺(現在の)と称し、それまでの和泉、河内を中心とする活動から、菅原寺を中心に活発な布教活動を行うと、境内に入りきれない難民が溢れました。 仏教の学問をよく究め天皇の尊敬を受け,現在の平城の聖域に遷都することを奏し,元明天皇の和銅 3 年( 710 年)に平城遷都した。

16

一貫道

菩薩 行基 菩薩 行基

所謂論者;衣裳、服飾、飲食之論,鄰國賊寇戰鬥之論,飲酒淫逸五樂之論,歌舞戲笑伎樂之論. 證明不論聲聞法或菩薩行,要發大悲心兼融攝佛法智慧,才能稱為善知識。 為什麼如此形容菩薩行呢? 緣起義甚深、甚微妙,涅槃義更深、更微妙。

18

有馬溫泉 觀光介紹

菩薩 行基 菩薩 行基

不調伏心者是愚人,調伏心者是聲聞,大乘行者本無名相,言不調則同愚人,言調伏則同聲聞,二者俱離乃是菩薩行。 另外指揮計畫移建藥師寺、大安寺,並建立興福寺、元興寺、總國分寺等 49 個大寺院。

行基菩薩とは

菩薩 行基 菩薩 行基

佛陀具足慧眼、法眼,能徹見宇宙真相;所謂真理,是佛陀所證得空義中得見緣起的關係。 隆福院、隆福尼院(奈良縣大和田町)• (大田町• 今為弘法利生,得 所印證,並為唯心宗道場鎮壇法寶,乃特頒敕旨由丁丑年二月四日起至丁 丑年十二月廿四日為止,聘由窺基菩薩帶領正鸞勇筆王生奇謀遊訪彌勒淨 土,詳實傳真淨土妙趣,以期引度眾生發心。 清淨土尼院(大阪府高石市)• 「道諦」有四個行相:道、如、行、出。

3