Tegaki|AI

ジェント ラボ コー ジェント ラボ コー

Kaidokuの自然言語理解は、文書の理解に留まらず、傾向や因果関係の理解に必要不可欠な時系列情報も取り入れています。 各種申込書類やアンケートをはじめ医療機関での問診票など様々な手書き書類の読み取りに対応。 0」という機械学習関連企業の業界地図では、世界の注目企業がピックアップされる中で数少ない日本企業としてCogent Labs(当時の社名はReactive)が取り上げられた。

キヤノン:スタートアップ企業と協業し「手書き AI OCRソリューション」を提供開始 ~企業の業務プロセスを変革し働き方改革を支援~

ジェント ラボ コー ジェント ラボ コー

さらにソニービジネスソリューション、サイボウズ、コクヨとのクラウドサービスやハードウェアと連携することにより、利用者はこれまで同様に文字を手書きするだけで一連の業務がすべてデジタルで連携処理できるようになり、業務時間の短縮および働き場所を選ばないことで、企業のデジタルトランスフォーメーションに大きく貢献いたします。

16

Cogent LabsとJBAT、AI OCR技術を活用し紙業務のデジタル化を支援

ジェント ラボ コー ジェント ラボ コー

資金使途 複数の使途に応じたサービス開発を推進。 Cogent Labs入社以来、「Tegaki」「Kaidoku」をはじめとしたAIソリューションにおけるプロダクトマネジメントおよびマーケティング戦略を統括し、プロダクトの立ち上げとスケールを通じた事業成長を推進する。 コージェントラボでは世界10カ国以上からリサーチャー、エンジニアを採用し、最先端の人工知能に関する研究や技術を活用することで、日本から世界最高水準の商品・サービスを提供することを狙っている。

14

株式会社 Cogent Labsのプレスリリース(最新配信日:2020年9月24日 11時00分)|プレスリリース配信・掲載のPR TIMES

ジェント ラボ コー ジェント ラボ コー

米国のシリコンバレーでもいいのではないか。 今回の出資を機に、コージェントラボの高い技術力とAIサービスによって、弊社の銀行・信託・不動産機能を活用した商品・サービスに一層磨きを掛けることができると考えており、コージェントラボと共にお客さまの課題解決に向けたトータルソリューション提供を進化させていきたいと思います。 本当にそうですよね。

コージェントラボとJBアドバンスト・テクノロジー、紙業務のデジタルトランスフォーメーションで協業を開始 ~各社製品とのエコシステムで企業のペーパーレス化を促進~

ジェント ラボ コー ジェント ラボ コー

これまで自動認識が難しかった手書き文字を高速・高精度に読み取ることができます。 今回の両社の取り組みでは、コージェントラボが提供するAI OCRサービス「Tegaki」とJBATが提供するクラウドを含む多様な環境でのデータ連携を可能にするサービス「Qanat Universe」を活用することにより、手書きで書かれた伝票をデータ化し、様々な業務システムへの連携が可能になることで無駄な二重入力や確認作業を省き業務効率のアップやペーパーレス化を実現します。

19

Cogent LabsとJBAT、AI OCR技術を活用し紙業務のデジタル化を支援

ジェント ラボ コー ジェント ラボ コー

定理が解けるのと、定理が作れるのは別だと。 2017年2月28日 SBIホールディングス株式会社 SBIインベストメント株式会社 SBIホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:北尾 吉孝)の100%子会社で、ベンチャーキャピタルファンドの運用・管理を行うSBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉、以下「SBIインベストメント」)は、同社が運営する「FinTechファンド」等を通じて、株式会社Cogent Labs(本社:東京都渋谷区、代表取締役:飯沼 純、エリック ホワイトウェイ、以下「コージェント ラボ社」)へ出資を行うこととなりましたのでお知らせいたします。 飯沼純:コージェントラボの代表取締役。

19