~フランス・ブルターニュのクイニーアマン~

ね ず こ かまど ね ず こ かまど

Wilson, Bee『キッチンの歴史:料理道具が変えた人類の食文化』真田真由子訳、河出書房新社、2014年1月30日(原著2012年)、122-125頁。

3

【公式】岐阜県可児市で宴会・海鮮料理なら|可児かまど本店

ね ず こ かまど ね ず こ かまど

一方、竪穴住居址の内壁に造り付けたかまどの例は非常に多く、普通、かまどの位置は竪穴の奥壁にあり、南側に入口のある住居址では北壁に設けられている。

2

和歌山に「かまどの下の灰までギャラリー」 地下食堂を改装、表現者が集まる場に

ね ず こ かまど ね ず こ かまど

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 鍋 なべ 、釜 かま をかけて食物など物を煮炊きする設備。

4

かまどさん

ね ず こ かまど ね ず こ かまど

近年は,都市ガスやプロパンガスの普及に伴い,かまどはほとんど姿を消した。 かまどは調理専門に火を焚く設備であるため、暖房や照明としての火が必要ない、温暖な地域で使用される場合が多い。

16

かまどとは

ね ず こ かまど ね ず こ かまど

住所 〒509-0203 岐阜県可児市下恵土526-1 () TEL:0574-61-3550 TEL:• 席数 180席. また、かまどの用途は、炊事用だけでなく、ほかに工業用、製薬用、染色用などもある。 焼けたら型から出して粗熱をとる。

かまどさん

ね ず こ かまど ね ず こ かまど

かまどは神聖なところとされ,その火は,家族の食べる物を煮炊きするところから,家あるいは家族そのものを象徴するものとされる。